ビザがなくっちゃ何にもはじまらない。

さて、毎日サクサク更新するつもりで始めたこのブログですが、一週間空いちゃいましたね。

なかなか時間が取れなくて。

ニューヨーク居住者はみんな忙しいんです。

今はBFがぐーすか寝ているので、そのすきを狙っての更新です。

アメリカだけではなく、どこの国でも海外居住希望の方はなんらかのビザを取得しなければなりません。

就労ビザやらいろんな種類のビザがあるんですが、今回は私が渡米するにあたって取得した米国学生ビザについて。

米国ビザには審査があります。取得するのは比較的難しいと言われてますが、20代前半で学生ビザを取得するのはそんなに難しくないように見えます。周りを見た感じ。

ただ、私は申請時40歳でした。40歳、未婚独身。

普通に考えても今更なんで学生?そんなの認めませんよ!!ですよね。実際そんなにいません。

まず、ビザが下りない人の条件として移民になる可能性がある米国民に迷惑をかける可能性があるというのがあります。ビザ切れたら即帰る。これが米国の意向。

四十路独身女性にかけられる嫌疑として一般的なのはあんた、日本で結婚できなかったからアメリカ人と結婚しようとしているんでしょ!!

これ、移民希望になっちゃうから絶対駄目です。心の中でそう思っていても志望動機としても口に出しちゃだめなやつ。

じゃあ、未婚40歳女に求められるものとして、

大卒以上の高学歴、高収入貯蓄額の高さ、専門職であること、母国における社会的信用度の高さ、必ず帰国するという保証。

つまりおおむね日本でも社会的に認められているということですね。

私の場合は、私勉強好きじゃなかったんですけど、短大、編入した大学、専門学校を卒業しているので、大卒を含む3つの学位を持っていました。ついでに最終学歴の成績証明書も過去3年分提出するんですが、大学の成績もそこそこよくて自分でもびっくりしました。

そういえば大学院行きたかったんだよなーーー。あの時。

就職して働かなきゃだったから行けなかった。留学もおんなじ理由でいけなかった。

ちなみに浪人留年なんかはしたことがありません。

収入貯蓄に関しては飛ばします。ご想像におまかせ。

仕事は有名企業でファッションデザイナーをかれこれ18年やってました。専門職です。

学歴に関しては、働きながら卒業した学校もあるので、職歴と学歴がかぶってます。20代の体力だったからできた技ですね。

社会的信用度の高さとは、ひとえに莫大な額のローンを組めるかどうか、ゴールド以上のクレジットカードを作れるか?ってとこで私の場合はマンション持ってますからローン組めてます。ゴールドカードも持っています。ここもクリア。

最後の日本に必ず帰国する補償として、自分名義の不動産の所持、日本人で日本に住んでるフィアンセがいることなど。

会社関係の方に帰国後ここで働くと一筆書いてもらったりという技もあるようですが、私の場合は東京に自分名義のマンションを持ってますので、法務局にいって登記簿謄本的なものを発行してもらい提出しました。なんだっけあの書類、名前忘れちゃった。

で、登記簿謄本的なもの、発行してもらったものの、英文発行はおこなっていないので、結局自分ですべて翻訳し、エクセルで書類つくって添付しました。

ここまでそろってたら男目的と誤解はされないだろうと思いつつも不安は募り、学生ビザのMAXは5年なんですが、ニューヨークでファッションのインスピレーションをたくさんゲットして1年で帰国しますという申請の仕方だったと思います。

書類をインターネットで提出したら、その後、全員に面接があります。米国大使館で。

スーツを着てがちがちで面接に臨みましたが、最初に質問されたことはあなた、ファッションデザイナーなんですねで上記の志望理由と1年で帰国する旨を伝えたら、次の言葉がビザは承認されました

あっさり。

そしてなぜか頼んでないのに5年おりました。返送されてきた自分のパスポートのビザの期間をみてびっくり。大喜びした記憶があります。もう3年も前ですね。

因みに学生ビザ申請はちょっと大変なので、代行業者に頼む方も多いようですが、代行手数料もったいなくないですか?

これからアメリカでたくさん大変な目にあうんだから、自分で最初の関門くらいクリアしたらどうかなと思いますが。

多少の書類の不備くらいでビザが下りないことは考えられません。

ビザ審査で落ちた場合は、もともとの資質が足りなかったこと、そして運命だと思いますが。

で、とっくに1年は経過していますが、まだ私はニューヨークにいます。

やっぱ1年じゃ、足りない。