本虎で見たラストもう政次からは歓喜しか

本虎で見たラストもう政次からは歓喜しか伝わらない。おとわと鶴。これほど通じ合い理解し合える相手に出会えた。政次にとって全てが報われた瞬間。主家のために悪名を引き受け主人の手で成敗される究極の家臣の本懐。戦国の美談としても十分成立する。巧い脚本だ